第八回介護甲子園
介護甲子園
コラム&トピックス

更新

書いた人:信朗小澤

【初出場】住宅型有料老人ホーム喜平 久米田 瀧川貴大さん/第八回介護甲子園セミファイナル

<第八回介護甲子園セミファイナル 施設第三ブロック> 9月14日PM15:15~16:30

◎住宅型有料老人ホーム喜平 久米田(大阪・セミファイナル初出場)瀧川貴大さん

 

<テーマ>
その人を最後まで見送れる素晴らしさ~想いはのこり繋っている~

 

<本大会に向けて>
開設当初から入居の100歳を超える春さんが皆に看取られ施設のお部屋で亡くなられました。足は不自由だが車椅子自走して、整髪やトイレ何でもご自身で出来、いつも元気な声で「ありがとう」と手を合せて言って下さる。

 

そんな春さんが皆大好きで、たくさんのエピソードがあります。例えば、「補聴器が無くなった」と春さんから聞いて、慌ててお部屋や施設中どこを探しても無くそのままデイへ、到着するや否や「補聴器見つかりました!」との連絡に一安心。しかし補聴器は一体どこに、なんと大事に握りしめていたと聞いてびっくり。一番の驚きは春さん自らここにあったと掌をみせて報告を下さった事です。忙しかったその場も一気に笑いへと変わり陽気な雰囲気に。

 

しかし春さんは年々体力の低下も著しく、主治医より長くないかもしれないと。家族様は住み慣れた施設、スタッフのそばで最後を迎えさせてあげたいと。私達はその日が来るまで何か出来ないかと考えた。

 

身体の負担もあるが多職種で連携し入浴をする事が出来た。ふわっとした髪、表情から活き活きを感じ取ることが出来た。だが翌日、状態は急変、家族様が到着しその日を迎えた。

 

その人の人生はそこで終わってしまうけど、家族様や私たちの中で想いや記憶は残り今もこうして春さんの話をする事がある。残してくれた思い出に繋がりを感じるこの頃、こんな方がいるから介護は楽しい、元気になれる、そして、そこには笑顔の花が咲く。

 

———

【第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票:期間9月14日~10月21日深夜23時59分まで】
第八回介護甲子園最終予選は、メールアドレスさえご登録いただければ、どなたでも投票することが可能です!
投票は、もちろん、無料でおこなうことができます。

是非、皆様の清き一票をお待ちしております!
(全6ブロックを投票いただいて初めて有効投票となります。ご注意ください。)

 

★介護甲子園を運営する一般社団法人日本介護協会ではインスタグラムも更新しております。
IDは、 japan_care_association  です。皆様、ぜひ、フォローをお願いします。

 

★第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票の投票ページはこちらです!

 

<<終了しました。沢山の方にご来場いただきました。ありがとうございました。>>

◎第8回介護甲子園セミファイナルin幕張メッセ

(介護&看護EXPO(ナーシングケア東京)と同時開催) (観戦無料)
9月13日、14日両日10:00~16:30