第八回介護甲子園
介護甲子園
コラム&トピックス

更新

書いた人:信朗小澤

【初出場】デイホーム孫の手・宮ひがし 今村雄二さん/第八回介護甲子園セミファイナル

<第八回介護甲子園セミファイナル 在宅第三ブロック> 9月14日AM10:30~12:00

◎デイホーム孫の手・宮ひがし(栃木・セミファイナル初出場) 今村雄二さん

 

<テーマ>
本当の自立支援をできる介護職員ってどんな人でしょう?

 

<本大会に向けて>
介護職員が輝くために、自立した社員として自己研鑽に努められる真摯な姿勢を求めるうえで、ねぎらいあう関係の職員の関係は欠かせないものである。反面、指摘しあうことを控える風潮の中で利用者様に悪影響が及ぶことが無いことを鑑みた時に、プロとしてどうあるべきか?を他専門職と協力して研鑽しあえるのが理想であり、具体的に近づいているという自負があります。

 

プロの介護職員として、色々なアイデアを出し合いながら時代に合った適切な根拠のある介護技術の提供、自立支援を理解しサービス提供できる職員になることが役割である。そこの理解をしっかり日常の会話から共有する。

 

バーのような一角、居酒屋カウンター、昭和や大正時代を思い出せる廊下や部屋。囲炉裏のある地域サロン。理学、作業療法士・言語聴覚士、看護師多数配置によるどんなご利用者でも受け入れ体制抜群です。

 

自立支援に寄与する建物、屋内設備。そこを活かす職員の資質。画一的なサービス提供でない分、職員の資質と理解は重要である。なんでも仕事は大変、でも喜んでくれたほうがいい。そんなことを共有する仲間を少しづつ増やしていければいい。

 

開所当初の離職率は46%。あんなに研修でいいのもを目指そうと決意して入社するのに。

 

介護の仕事ってなに?をしっかりと提示したいと思います。開所してまだ1年半だが、きっと地域一番店になれると思っています。

 

———-ーーーーーーー

【第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票:期間9月14日~10月21日深夜23時59分まで】
第八回介護甲子園最終予選は、メールアドレスさえご登録いただければ、どなたでも投票することが可能です!
投票は、もちろん、無料でおこなうことができます。

是非、皆様の清き一票をお待ちしております!
(全6ブロックを投票いただいて初めて有効投票となります。ご注意ください。)

 

★介護甲子園を運営する一般社団法人日本介護協会ではインスタグラムも更新しております。
IDは、 japan_care_association  です。皆様、ぜひ、フォローをお願いします。

 

★第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票の投票ページはこちらです!

 

<<終了しました。沢山の方にご来場いただきました。ありがとうございました。>>

◎第8回介護甲子園セミファイナルin幕張メッセ

(介護&看護EXPO(ナーシングケア東京)と同時開催) (観戦無料)
9月13日、14日両日10:00~16:30