第八回介護甲子園
介護甲子園
コラム&トピックス

更新

書いた人:信朗小澤

【6年連続6回目】グループホームやすらぎのさと 片木谷真弓さん/第八回介護甲子園セミファイナル

<第八回介護甲子園セミファイナル 施設第一ブロック> 9月13日PM13:00~14:15

◎グループホームやすらぎのさと(大阪・セミファイナル6年連続6回目) 片木谷真弓さん

 

<テーマ>
結果は、後から繋がった ~老衰 76% の理由!ここにあり~

 

<本大会に向けて>
看取りを行い7年間を振り返ると、死亡診断が老衰76%となっていました。多くの方が望まれる老衰が、なぜ、可能になるのかを考えると、入居者様の姿から、あるキーワードが浮かびました。

 

【尊厳を大切にした暮らし】

これがなければ尊厳ある看取り、そして、老衰に繋がらないということです。

 

大切にしなければならない【尊厳】、しかし、抽象的な言葉ではないために、なかなか、行動と一致しない様がある中で、入居者様が、看取りをもって私たちに教えてくれたこと。

 

活き活きと楽しみを感じる暮らし、自然を感じる暮らし、夢を描くことのできる暮らし、大家族の愛を感じ、また、誰かを思いやる暮らし、その中には、たくさんお話をして、考えて、笑って、時には、喧嘩や心配もして、そして『今日も一日良かったなあ』と目を閉じる。

 

息を引き取るその日まで、そのような、尊厳ある日常生活を暮らすことにより、眠るように、大家族の愛の中、人生の最期を迎える環境がありました。

 

それを、可能にするためには、ケアの質を高める取り組みもありました。①入居者様の言葉を記録②どんな状態の方も安定剤未使用③食べたい意欲を高めるための工夫(献立から動きのある食事、その人にあった食べるペース)④食堂と生活の場を分ける⑤乳果オリゴ糖で腸内細菌善玉菌を増やし免疫力を促す⑥オキシトシン分泌等々。

 

結果、一般的な看取りと尊厳ある看取りの区別まで言葉で説明できるように繋がりました。

 

———-ーーーーーーー

【第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票:期間9月14日~10月21日深夜23時59分まで】
第八回介護甲子園最終予選は、メールアドレスさえご登録いただければ、どなたでも投票することが可能です!
投票は、もちろん、無料でおこなうことができます。

是非、皆様の清き一票をお待ちしております!
(全6ブロックを投票いただいて初めて有効投票となります。ご注意ください。)

 

★介護甲子園を運営する一般社団法人日本介護協会ではインスタグラムも更新しております。
IDは、 japan_care_association  です。皆様、ぜひ、フォローをお願いします。

 

★第八回介護甲子園セミファイナルインターネット投票の投票ページはこちらです!

 

<<終了しました。沢山の方にご来場いただきました。ありがとうございました。>>

◎第8回介護甲子園セミファイナルin幕張メッセ

(介護&看護EXPO(ナーシングケア東京)と同時開催) (観戦無料)
9月13日、14日両日10:00~16:30